母娘雑記帳‐つくば市・榊原動物病院発行

榊原動物病院の母娘獣医師の日常
<< 金環日食つづき | main | 犬の視線 >>
イヌとオオカミとヒト

こんにちは
朝の情報番組を見ていたら私のラッキーアイテムは『コショウ』となっていました。
「わずらわしい人間関係もコショウで解決!」とアナウンサーが言っていたけれど、むかつく人にコショウを振りまくとかいうわけではないですよね。
くしゃみが出そうな話しでした。。。



さて、こんな論文を見つけました。

Dogs,But Not Wolves,Use Humans As Tools
イヌはヒトをうまく使いこなす

http://blogs.scientificamerican.com/thoughtful-animal/2012/04/30/dogs-but-not-wolves-use-humans-as-tools/


15万年という長い時間をかけてイヌはオオカミの遺伝子コードを変化させ、現在私たちが知るところの愛すべき‘イヌ’となった。
イヌが家畜化される経緯については諸説あるが、ひとつ明らかなことはオオカミは他の動物よりも人間を怖がることは少なかった。
時間とともにオオカミは人間の暮らしに近づくようになっていった。

おそらく、初期のイヌたちは人間と協力して狩りをすることを学んだ。―もしくは初期のイヌは狩りをしなくても人間たちが狩りをしたあとに‘おこぼれ’をもらえることに気付いたからかもしれない。
いずれの理由にせよ、人間社会に溶け込んでいったからこそオオカミたちは子孫を
人間と環境を共にすることでイヌたちは新しいものも得ることができた。
そうすることでイヌはもはや狩りをする必要はなくて、人間にお世話をしてもらって食餌を与えらるようになった。
それはもはや偶然ではなくて、イヌと飼い主との関係は生理学、行動学的に言って人間の親子関係を反映しているといえる。
加えてイヌと強い関係性を持つ人間の尿中オキシトシン(注釈:ホルモン)の数値は、弱い関係性を持つひとよりも高かった。

しかし、オオカミがイヌになっていったのはエサの件だけではない。
他のオオカミと社会的な関係を築くように、人間を社会的パートナーとして扱うようになっていった。
家畜化された動物と、単に人間に飼い馴らされた動物との間にある大きな違いはここにある。
家畜化というのは遺伝的な変化を経たプロセスで、馴化(飼い馴らされること)は経験的なことである。
家畜化というのは性質を変化させるが、馴化は育まれるものである。

数年前、ブタペストの大学の研究者はイヌとオオカミにおける社会的認知が遺伝的なものであるか、経験的なものであるかを決定づけるものを見つけようとした。
それを行うには似たような環境で育ったイヌのグループとオオカミのグループを研究した。
その結果、この二つのグループにおける社会的認知についての差異には遺伝的な背景が関与することがあるようであった。

以下が調査方法についてである。
イヌとオオカミの子どもは、それぞれ目があいた生後4~5日からひとにより育てられた。
生後一ヵ月くらいまではイヌもオオカミもほぼ24時間人間に密着した生活をおくった。
彼ら(イヌとオオカミ)は人間の家で暮らし、夜は人間と眠り、ミルクで育てられ、生後4~5週間から離乳食を与えられた。
イヌとオオカミは人間と暮らし、出来るだけさまざまな経験(公共の場所へ行くこと、友達の家へ行くなど)をすることになった。彼らには少なくとも週に2回は飼育者以外の人間や、一緒に暮らしていない社会化された大人のイヌたちと接する機会が与えられた。研究者により、闘争させず、支配するのではなく彼らの母親のようにふるまうという飼育指針に基づき育てられた。


…続く。


■■読んでみての感想■■
犬たちが非常に社会的な動物であるかということは広く知られたことであると思いますが、‘社会’からの情報を犬たちはどのように認知していくのかをさらに発展させて知ることでより犬たちを知ることができるような気がしております。
どうして彼らは私たち人間のそばで暮らすのかを知ることができると、より彼らを身近に感じることができるかもしれません。
また’犬が人間の身近で暮らす理由現代版’というようなこともわかるかもと思っております。
犬と暮らす楽しみのひとつは、彼らがまっすぐ全身全霊で私たちに向ける愛着を感じる瞬間にあるのではないでしょうか。犬たちと人間との関係はいっぽうてきなものではなく、相互的なものであるということはどうやら何万年以上前から人間が感じてきたことのようです。



今回の論文では遺伝子やホルモンといった言葉も散らばっていますが、犬たちのルーツをあれこれと知るのは面白いと思いますので、気楽に読んでいけたらと思います。




↓朝の光がさしこむスポットは大人気。茶色の犬の後ろにはグレーの猫も。











| 娘雑記帳 | 20:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
what's time is it now?
twitter
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE