母娘雑記帳‐つくば市・榊原動物病院発行

榊原動物病院の母娘獣医師の日常
<< 犬の視線 | main | イヌとオオカミとヒトの続きの続き。 >>
イヌとオオカミとヒトのつづき
こんにちは
金環日食以来、天文現象に興味を持つ20代、30代の女性が増えていると昨夜のNHKニュースでやっていました。
なんでも、そのような女性を宙ガール【ソラガール】と言うんだとか。
森ガール、山ガール、釣りガールなどに続いての宙ガールなのですね。

バザールでござーるというのを思い出したけれど、あれはさるでしたよね。
もはやガールじゃなかったですね。







さて、5月29日の続きを読んでみます。

Dogs,But Not Wolves,Use Humans As Tools
イヌはヒトをうまく使いこなす

http://blogs.scientificamerican.com/thoughtful-animal/2012/04/30/dogs-but-not-wolves-use-humans-as-tools/


人間によって育てられたオオカミにおいても、犬にみられる洗練された社会的認知能力を実証することができるだろうか。もしくは社会的認知能力というのは家畜化に直接つながる犬の遺伝子のなかにエンコードされたものであるのか?

簡単なテストとして、オオカミの子ども(生後9週齢)と犬の子ども(生後5週齢と9週齢)の前に食べ物の入ったお皿を置く。しかしながら動物にはその食べ物へ到達することができないようになっている。;人間の助けを使わなければ届かないのである。食べ物を得るための仕組みは簡単だった;動物は実験者(人間)とアイ・コンタクトをすれば実験者から食べ物を与えられる仕組みになっていた。

最初は、どの動物も食べ物を得ようと無駄な動きをする。(自力では得ることのできない仕組みになっているため)
しかしながら2分もすれば犬たちは人間のほうに目を向けるようになった。人間のほうを向く犬の数は時間の経過とともに増加し、時間では‘4分’に統計的優位差がでた。犬たちはオオカミよりも人間とアイ・コンタクトをとる率が高かった。
これは小さな偉業ではなく、動物が実験者とアイ・コンタクトを開始すると動物は食べ物から人間(実験者)へ再び焦点を合わせなくてはいけない。
オオカミの子どもは実験者(人間)とアイ・コンタクトをとることに失敗しただけではなく、食べ物を得るのにはアイ・コンタクトが必要であるということもわからなかった。



↑生後5週齢の犬(dogs,5-week-old)、生後9週齢の犬(dogs,9-week-old)、生後9週齢のオオカミ(wolves,9-week-old)における時間ごとのアイ・コンタクトの回数を表すグラフ。

犬は生後5週齢、生後9週齢両方において時間が経つにつれアイ・コンタクトをとる数が増えていることがわかる。

…続く。


■■読んでみての感想■■
私自身『オオカミは犬の祖先』と認識し、オオカミと犬の違いをきちんと考える機会がなかったように思います。
今回のセンテンスには具体的な調査方法のもと、オオカミと犬における行動や反応の違いが示されていました。このように犬とオオカミの年齢を合わせた調査は数すくないように思いますし、大変興味深く読むことができました。
生後5週齢、生後9週齢の犬やオオカミを調査することで遺伝的にプログラムされた事象であるかどうかということを探ろうとする著者の意図に触れたように思います。

「犬たちは非常に社会化された動物である」というのはよく聞く話しであり、私もその根拠を深くお示しすることなく使っていたような気がいたします。
本当に社会化された動物なのか?社会化の過程は?などより深く社会化、犬などのキーワードを探っていけたらと思います。

もし犬たちの社会化が遺伝的にプログラムされたものであるとしたら、私たち人間のそばにいることが彼ら犬にとって、私たち人間にとってどのような影響があるのか。。。考えはぐるぐる回りますが、いつも魅力的な犬たちについて考えが深めていけたらと思います。



↑私の犬への熱い思いに接し、退屈そうな愛猫。
愛猫さえにも「ほんとは犬派なんでしょ?」と訊ねられそう。。。





| 娘雑記帳 | 20:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
what's time is it now?
twitter
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE