母娘雑記帳‐つくば市・榊原動物病院発行

榊原動物病院の母娘獣医師の日常
<< トトロと昆虫 | main | ゴロゴロいう猫 >>
オカメインコ
こんにちは
イチロー選手のニュースをよく見かけます。
野球は詳しくないですが、イチロー選手は数々の名言を残していると聞きましたので調べてみました。


【イチロー名言】決して人が求める理想を求めません。 人が笑ってほしいときに笑いません。 自分が笑いたいから笑います。
 
【イチロー名言】「がんばれ、がんばれ」という人がいるより、僕は、「できないでくれ」という人がいる方が熱くなる。


これはイチローだから名言になるわけで、私が「眠いときに寝ます。朝はカレーしか食べません」と言ったところで破門されそうな気がします。
ただでさえ、こだわりと思っていたことをわがままと否定されがちなのに。。。
 




さて、また愛鳥オカメインコをビデオで撮影してみました。


↓ケージのドアをオカメインコが自分で開けているところです。


これはインコが自らはじめた行動なのですが、どうやら私の注意をひくためにやっているような気がします。ドアがカタカタと音がすると私がインコのほうを向くという構図です。

インコですので本来は、ピピッと声を使って何かを訴えることは得意なのですが、不思議なことに私がインコに割と近い距離(同じ部屋にいるときなど)にいるときは‘声’は使わず、‘物’を使って音を出し私の気をひこうとしているようです。
‘声’を出すまでもない距離だからなのか声以外のツールを使うことに意味があるのか。。。


私の気をひくための行動は他にもあって‘ベルを鳴らす’というのもそのひとつのようです。
 


↓ベルをならすオカメインコ


それを利用してベルを鳴らすタイミングで「ベル!」と私が声をかけ出来たらごほうびをあげて、ベルをならす行動と「ベル!」という言葉が結びついた瞬間をビデオに撮影してみました。
 オカメインコは日々私の気を引くために次々と‘あの手この手’を使っているようです。同じ行動ばかりだと「ああ、またやっている」と私の関心が薄くなることを理解しているかどうかは分かりませんが、‘新しい音’がすると私が敏感に反応することは事実ですのでインコのやり方は理にかなっているように思います。


インコ以外でも、動物が人の関心をひこうとしたり要求を伝えるために自ら始める行動に接した方も多いと思います。
私はそのような行動に触れたとき、はっきりと彼らの意思を受け取った気がしています。
動物の伝えようとする意思に触れそれを理解出来たとき、非常に上質なコミュニケーションがとれた気がしますし、それは対動物と互いに敏感にコミュニケートできるとても楽しい時間でもあります。
そのような意思の交流を重ねることでさらに動物への愛着が深いものになっていくように思っています。
 
動物と暮らすことが好きな理由はいくつかあって、彼らが本来持ち合わせるそのユニークな習性などに惹かれる他に今回のように種をこえてコミュニケートすることの楽しさもその理由のひとつであるのかもしれません。
 
じつは、オカメインコの思うがままにしつけられているのは私のような気もしてきましたが。。。
 



↓箱でくつろぐ愛猫。
P1010307.JPG P1010308.JPG
ベル!と声をかけてもしらんぷり。
| 娘雑記帳 | 20:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
what's time is it now?
twitter
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE