母娘雑記帳‐つくば市・榊原動物病院発行

榊原動物病院の母娘獣医師の日常
<< 続きと吸盤つきのぬいぐるみ | main | 小熊考 >>
犬のような猫
こんにちは
25日、26日はつくばのお祭りでしたね。
仕事がらみでのまつりつくばとの接点は2年前にもあったのですが(→
2010年8月13日記事 それ以外では久しぶりのまつりつくばでした。

お祭りにともない学園線の一部が車両通行止めになっていたので、車道を逆走するかたちで歩いてみたり中央分離帯をひょいっと飛び越えてみました。いつもは交通量の多い学園線が通行止めで、さらにはねぶたも練り歩いているなんて普段では考えられないですので不思議な感じがしました。

通行止めくらいで感激しているようではつくばテクノツリーとか出来てしまったらどうなってしまうのでしょう。出来る気配もないのに今から心配です。
ただテクノツリーというネーミングはなかなか良いのではと思います。『つくばエクスプレス』のときも私は『つくばテクノライン』を推していました。つくばと秋葉原をつなぐ路線にぴったりなような気がしたのです。
ほかには『オタクライン』とか『モエ線』とかも良かったかもしれません。
こんなことばかり言っているとつくばを追放されてしまいそうですね。





さて、愛猫を撮影しました。


愛猫が犬のようにふるまっている姿がご覧いただけます。
じつはこれ私が愛猫を猛特訓した結果ではなく、突如愛猫が始めたことなのです。
私のもとに犬のマスコットを持ってきて、ぽんと置いていたので試しにと投げてみた結果がyoutubeの通りです。
はずかしいのですがこのビデオには愛猫の忠犬ぶりに驚き喜ぶ私の声もしっかり録音されておりまして、これを聞いておりますと‘一飼い主’としての自身の状況を客観的に把握出来たような気もいたします。
猫なわけですから犬のようにふるまってくれなくても良いのですが身近な動物が意外な一面やいつもと違う一面を見せてくれるときは楽しい時間であるように感じています。
 


■■20日から実習へ来た学生さんへ■■
一週間おつかれさまでした。将来は小動物臨床を希望する獣医大生ということで、病気や手技について細かなところまで興味を持っているようでしたね。
げんきになって帰っていく動物を嬉しそうに見ていたあなたの表情が印象に残っています。げんきになると嬉しいですよね。
診察時間以外も周囲に敏感に気を配り、それに静かにフィットしていく態度はあなたが持ち合わせる才能のように思い感心していました。
そしてなによりあなたの人や動物の気持ちに寄り添おうとする姿勢は将来多くの人や動物を支えるのではないでしょうか。私自身もあなたから学ぶことが多かったように思います。
最初は互いに緊張感があったような気もしますが、途中からは研究室の後輩のような感覚でした。
これから卒論やら国試やらで忙しいとは思いますが、体調崩さず楽しく毎日を過ごしてくださいね。応援しています。(院長への愚痴もまた聞いてくださいね)


 


↓youtubeに出ていた愛猫にひもをあげてみました。

いつもなら大喜びなのに、興味がなさそう。。。


犬になってしまったのかもしれません。
| 娘雑記帳 | 20:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
what's time is it now?
twitter
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE