母娘雑記帳‐つくば市・榊原動物病院発行

榊原動物病院の母娘獣医師の日常
<< 犬のような猫 | main | 犬派猫派 >>
小熊考

こんにちは
今朝、ラジオで『子ども科学電話相談』という番組を聞きました。

「小熊を飼うにはどうすれば良いですか?そして小熊は人に馴れますか?」という質問があって、飼いたい理由を尋ねられると「小熊は犬のようで可愛いから」とその子は答えていました。

回答者の先生は「日本の法律では小熊を飼うことは難しく、たとえ飼えたとしてもたくさんの量のエサを食べるから大変だよ」「そしてもし小熊の近くにいたいのなら、動物園の飼育係になるのも一つかもしれないけれど担当動物が小熊じゃなかった場合も考えなくてはいけないし、飼育係は人気職業で倍率もけっこう高い」と付け加えていました。
さらその先生は「小熊に近づくなら獣医さんが良いんじゃない?獣医だったら小熊以外の動物にも触れあえるし、さらには開業もできる」とも。
質問をした子はその回答を聞き、なるほど。その手があったか!みたいな展開になってなんか丸く収まっていました。

犬のような小熊を飼いたいなら小熊のような犬じゃだめなのかとか、そもそも犬らしい犬でも良いのではなどと思いながら聞いておりました。
小熊から採血をしたことがあるとか小熊と握手したことがあるという経験を持ち合わせない獣医である自身を思うと、獣医になればいいというものでもないだろうし、開業もきっと色々大変だろうから小熊のおまけのように扱うのは違うような気もするし。。。と朝から小熊のことを考えがちな一日でしたが、その子が獣医になってから考えたって良い問題なのかもしれません。長くなってしまいました。






さて、興味深いセミナーがあるようですのでご紹介いたします。

マリー・セラーク氏公開セミナー
http://asaet.org/spread/seminar/post-50.html

マリー・セラーク氏はハワイファイド(Hawaii Fi-Do)でPTSDを患った帰還兵を助ける傷病兵プログラムを提供したり、サービスドッグの育成をしているそうです。
公開セミナーではサービスドッグ、セラピードッグのお話しのほか、攻撃性など犬のトレーニングに関するお話しもあるようです。
貴重な機会だと思いますのでご興味おもちのかたはご参加いただければと思います。






扇風機をつけるとこの通り。
彼女のいる場所はもっとも風があたらないはずですが、マッサージチェアのように振動が気持ち良いのかもしれません。





| 娘雑記帳 | 20:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
what's time is it now?
twitter
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE