母娘雑記帳‐つくば市・榊原動物病院発行

榊原動物病院の母娘獣医師の日常
<< ひさしぶりの更新 | main | シロクマの地肌 >>
七夕とかぶとむし

こんにちは

七夕も過ぎました。
短冊に思いを馳せる5歳の子に、彼の母親は「七夕のお願いは必ずかなうわけじゃないのよ。お誕生日やクリスマスとは違うのだから。いつか叶うといいなと思ってお願いするのよ。」と諭していました。

5歳の子のお願いなんて他愛のないことなんだろうから叶えてあげればいいのにと思って聞いておりましたが、『金と銀のiPhoneがほしい』というのが彼のお願いごとだと聞いて母親が諭す理由も分かったような気がしました。
メッキでも良いのかとかという問題でもなさそうですしね。








前回の続きです。
Owning a Dog Is Linked to Reduced Heart Risk
http://well.blogs.nytimes.com/2013/05/09/heart-association-weighs-in-on-pets/

ペットの飼い主は身体にかける金額がより高くなる傾向にあり、コレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)が低めであった。
ある研究によると、心臓に問題を抱える人々は種類に関わらずペットを飼うことで心臓疾患を抱えながらも生存する可能性が高いことが発表された。

血圧を降下させる薬を飲んでいる高血圧の人々を二つのグループにわけ、一つのグループには犬もしくは猫を与えた。ペットがいないグループに比べ、ペットがいるグループは緊張の高い場面でも著しく穏やかであった。

しかし、ほとんどの報告はその相関を示すだけで、結果について証明するものではなかった。
研究では犬を飼っている人の間でも散歩をする人とそうでない人において鋭い対比があった。

予防医学センターの示す数千人を対象にしたデータによると、28%の犬の飼い主であるが犬と散歩をしない人々、22%の犬を飼っていない人々と比較すると17%の犬と散歩をしている犬の飼い主は肥満であった。

Dr. Levineらはペットを飼うことが必ずしも推薦されるわけではないと述べた。
「ペットを飼うことでソファで煙草を吸ったり、おやつを食べることを止められるわけではない。ペットを飼うことで様々な欲求(喫煙や飲食)や血圧をコントロールできるようになるわけではないのである。循環器疾患のリスクを軽減のためにペットを飼うというのは必ずしも賢明な方法ではない。」とも述べた。



■■読んでみての感想■■
ペットと人の関係について考え直す機会になりました。
ペットと暮らすことで外出する機会や運動量が増えるという人もいるでしょうし、逆に何らかの原因(留守番させられない等)によりペットから目を離すことが難しくなり外出頻度、運動量が減る人もいるかもしれません。そのような場合は、飼い主の健康状態にネガティブな影響を及ぼす可能性についても考える必要があるでしょう。
記事では循環器疾患との相関について書かれていましたが、もっと些細なシーンにおけるペットと人との関係についても考える機会となりました。

「ペットを飼うことは健康にも良い」と安易に唱えることに対し、データは冷静に警鐘を鳴らすのかもしれません。

ペットと暮らす場合の多くには「ペットと暮らしたい」という人の明確な意思が作用すると仮定すると、そこにはポジティブな影響だけを求めたいと考えるのは自然なことでしょう。
それはペット側も同じで彼らにとって心身共に不都合な状況を人の都合でうみだすことは当然避けたいと思います。
ペットも人も心身共に健やかで楽しく、ポジティブな影響はもちろんのことそれが相乗的であればなお良いなといつも考えています。これからもそれは私にとって大きなテーマであると思います。






かぶとむしを見つけました↓

診察室の虫かごを置いておくと「どこで見つけたのですか?」と何人かの方に聞かれました。
「それは内緒です」と思わず言いそうになったのをぐっと我慢しました。かぶとむしはやはり人気物なのですね。

| 娘雑記帳 | 20:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
what's time is it now?
twitter
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE