母娘雑記帳‐つくば市・榊原動物病院発行

榊原動物病院の母娘獣医師の日常
<< セミ | main | 衝撃の出会い >>
老い

愛猫  2本足のありちゃん。11さいです。
小さくて傷だらけだった子でしたがもう、老齢になりまた。

 
まだまだ衰えは感じませんが、そろそろおばあちゃんです。
人間同様、犬や猫たちの寿命ものびていますが、10さい過ぎると
やはり、少しずつ衰えが見えてきます。
ありちゃんはまだまだあまり老いは感じませんが、ちょっと便秘気味かな、、。

  16さい おじいちゃん犬です。

目は白内障、耳も少し遠く、足腰も弱り気味ですが、
毎日好きなものを食べ、わがままいっぱいで可愛がってもらい、すこぶる元気です。
白い犬なので白髪も分からなくてとても若くみえます。

 21さい おばあちゃん猫です。

21年前、初めて来院した子猫の時からの長いおつきあいです。
大きな病気はしませんが、腎臓が少しずつ悪くなりました。
気が強く、しっかりものです。
家族の一員として大きな存在感を持っていたようです。
つい先日亡くなりました。
大往生、ごく自然な死でした。

老犬介護士講座があり、老犬ホームができ、介護用品もいろいろ販売されています。

老いる動物たちとじょうずにつきあう手助けもできたらいいなと思っています。
| 母雑記帳 | 21:30 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
what's time is it now?
twitter
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE